スポーツカフェ・2020TOKYO(カフコンス第145回)2020-08-02


*曲目

<ピアノ>
ブリテン「休日の日記」より
Benjamin Britten (1913-76)
Holiday diary op.5 (1934)
  1. Early morning bathe 早朝のシャワー
  2. Sailing セーリング

<フルート>
ケックラン「スイミング」
Charles Koechlin (1867-1950)
Swimming op.149-3 (1935)
ペッテション=ベリエル「ローンテニス」
Wilhelm Peterson-Berger (1867-1942)
Lawn tennis op.16-3 (1896)

<ソプラノ (*バリトン)>
シベリウス「トリアノンでのテニス」
Jean Sibelius (1865-1957)
Ballspelet vid Trianon op.36-3 (1899)
シューマン「マイティ・ケイシー」より
William Schuman (1910-92)
The mighty Casey (1951)
  You look so sweet today 今日は一段と綺麗だ*
  Kiss me not goodbye さよならでないキスを
  A Prayer 祈り

<バリトン>
バーンスタイン「タヒチ島の騒動」より
Leonard Bernstein (1910-92)
Trouble in Tahiti (1951)
  There's a law 男には掟がある

<ファゴット>
チェレプニン「スポーツのソナチネ」
Alexander Tcherepnin (1899-1977)
Sonatine sportive op.63 (1934)
  1. Lutte ボクシング
  2. Mi temps ハーフタイム
  3. Course 陸上レース


*出演

柳沢亜紀(ソプラノ)
藪内俊弥(バリトン)
石橋美時(フルート)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)


*曲目と歌詞大意

 本日は「スポーツを楽しむ休日の日記」をコンセプトに、様々な曲をリレー形式で演奏します。音楽によるスポーツの一日をお楽しみください。

*ブリテン「早朝のシャワー」

 近代イギリスとフランスのウォータースポーツ作品の前に、前奏として同じブリテンの「休日の日記」から「早朝のシャワー」を演奏します。シャワーを音楽化するという発想がユニークでユーモラス。楽譜5ページ中、お湯が出るまでに1ページ、止まるのに1ページかかります。

*ブリテン「セーリング」
*ケックラン「スイミング」

 「セーリング」は帆の向きが変わるかのような転調が印象的。緩急緩の対比は、ゆったりと海に浮かんでいるように見える遠景と、水しぶきの飛ぶようなクローズアップかもしれません。

 「スイミング」は、ケックランがお気に入りの女優リリアン・ハーヴェイに寄せた「リリアンのアルバム」第2集の第3曲。クルーザーで航海中の富豪に近づくためにリリアンが溺れたふりをする、という映画のシーンから着想され、フルートによるリリアンの音型(ケックランが一貫して使用している)がピアノの波に飲み込まれそうになりながら泳ぎます。

*ペッテション=ベリエル「ローンテニス」
*シベリウス「トリアノンでのテニス」

 テニスにまつわる19世紀北欧の二つの作品です。スウェーデンの作曲家ペッテション=ベリエルはドイツ留学から帰った際にテニスを母国に紹介した人物でもあり、世界で最も美しい土地と呼んで愛したフレースエー島の風景を描く小品集「フレースエーの花々」にも、この「ローンテニス」が登場します。

 「トリアノンでのテニス」はフィンランドのシベリウスの歌曲ですが、18世紀フランスの貴族の子供たちがトリアノンの庭園でテニスに興じる様子が歌われ、曲の最後にはフランス革命が迫っていることも暗示されます。(なお歌詞大意は英語版からの訳。)

 トリアノンの木々の間に
 おしゃべりやボールの音、笑い声が響く
 羊飼いの帽子をかぶった小さな侯爵たちが
 微笑み歌う、ロンラリドン、と

 ハイヒールをはいた小さな侯爵たちが
 皆で無邪気に遊ぶ
 若い羊飼いの役は
 リンドール子爵とアルセステ陛下

 しかし突然、一番近い木から
 荒々しく、頭が突き出た

 子爵が叫んだ「そこに頭が!」
 陛下はボールを打ち損ねた
 「それは何?」「それは誰?」と
 四方から声が聞こえた

 皆の鼻にしわが寄り
 頭はすぐに引っ込んだ
 そして侯爵たちは軽快に跳ね
 ボールはペアからペアへと飛び交った

 しかし向こうでは、静かに、重い足どりで
 農民の息子、首切りジュルダンが歩いていた

*シューマン
「今日は一段と綺麗だ〜さよならでないキスを」「祈り」

 歌曲に続いては20世紀アメリカの二本のオペラです。「マイティ・ケイシー」は野球の試合そのものが登場するオペラで、作曲者が子供の頃に大好きだった野球の詩「Casey at the bat」を元に作曲されました。本日は主人公の恋人メリーの試合前と試合中のアリアを演奏します。

 (州の決勝戦の日、球場にやってきたメリーに、警備員は、スカウトが視察に来ることを告げる。)

 メリー、今日は一段と綺麗だ、こんなに美人になって
 昔はおさげ髪にジーンズの、上手い一塁手だった

 三塁よ、それに、上手くはなかったわ

 野球帽をかぶって、男の子よりも足が速くて
 いつもここでケイシーをずっと見つめていたね

 違うわ、みんなのことを見てたのよ

 ある日彼が両手にかわいい女の子を連れてきたら
 君は走って帰ってしまった、でも次の日には
 ドレスを着て、髪にもリボンをつけてきたね

 覚えてないわ、ドレスは何度も着たもの

 今は誰よりも綺麗だ、こんなガールフレンドがいて
 ケイシーはラッキーな奴だよ
 それに、今日もラッキーな日になりそうだ
 大リーグからスカウトが来ているらしいからね
 わかるだろう? 見に来たんだよ、ケイシーを...
 君のボーイフレンドを!

 知らなかったわ
 ケイシーは行きたくない、ここに残りたいはずよ
 ここ以外ではプレーしない、ここを離れないわ
 スカウトなんて嘘... きっと他の人を見に来たのよ
 ケイシーは行きたくないわ

 メリー、子供じみたことを言わないで
 誇りに思わなくちゃ

 置いて行かないで、ここに残って私を愛して
 時は儚く流れて恋人たちを裏切るものだから
 寂しくなるよ、なんて言わないで、ただキスして
 さよならでないキスを
 もし私のわがままなら許して、説明できないけれど
 さよならでないキスをしてほしいの

 (2点ビハインドの9回裏2アウト走者なしで、打者は当たっていないフリン。彼とその次のブレイクも出塁すればケイシーに打順が回るのだが...)

 私のお祈りを、誰か聞き届けてください
 自分のためのお願いじゃありません
 マッドヴィルのためです

 ここでは今、皆の心が傷つこうとしています
 私は全然得をしません... もし彼がこの試合の
 ヒーローになったら、私を置いて行ってしまうから

 それでも、どうか、フリンにヒットを、
 それでなければ四球か死球を、
 そしてブレイクも、そしてケイシーを打席に!

 もうお願いはしません
  ママやパパが病気にならなければ
 これが私のお祈りです


*バーンスタイン「男には掟がある」

 バーンスタインのオペラ「タヒチ島の騒動」からは、仕事もスポーツも万能な主人公サムの「勝者のアリア」です。ハンドボールのトーナメントで優勝したサムがジムでボクササイズをしながら歌います。

 男には掟がある、成功する男と成功しない男がいる
 泳ぐ魚と釣られる魚がいる
 本を読みあさって勝者の技を研究し続け、
 ルールを実践して毎日少しずつ改善する男たち
 彼らは魂を捨て、エゴも力も衝動も意志も
 欲望も捨てて、一生懸命になる
 しかし、決して、決して、勝つことはない!

 男には掟がある、たるんだ男とスリムな男がいる
 太った魚と小ぎれいな魚がいる
 昼は仕事に汗を流して打ち負かされ、
 夜はサウナで汗を流し、健康器具を買い込む男たち
 彼らは1週間レモンだけ食べ、次の週は野菜と水と
 クラッカーとレモンだけ食べ、酒もやめる
 しかし、決して、決して、スリムにはなれない!

 勝者! 勝者は勝者として生まれるのだ
 ディナーも減量も心配しなくていい
 彼は勝者、自然児、ヒーローなのだから!
 人間はもともと不平等!
 触れたものは黄金に変わり、決断は常に正しく、
 七人分の仕事をこなし、一日七時間眠る男たち
 彼らに任せればいいのだ、火や雪や雹、
 最悪の災害にも、きっと微笑んで応えてくれるだろう
 彼らは常に、常に、勝者なのだから!

*チェレプニン「スポーツのソナチネ」
 ボクシング/ハーフタイム/陸上レース

 本日最後の曲、ロシア出身の作曲家チェレプニンの「スポーツのソナチネ」は、ファゴット対ピアノの試合です。第一楽章「ボクシング」は、相手と同じ音に到達したらクリーンヒットというルールで、アグレッシブに攻めたりディフェンスに徹したり、最後には両者同時にパンチが決まります。息抜きのひとときを描く「ハーフタイム」を挟み、第三楽章はカノンによる「陸上レース」。ピアノはスタートでファゴットに2小節の遅れをとりますが、その後1小節、半小節、八分音符2個、1個、と追い上げ、音高も3度下から2度下、半音下、と迫ります。最後はピアノが先にフィニッシュできたのか、ファゴットが16分音符で駆け抜けたのでしょうか?


*ブログ

2020-08-05 ご来場ありがとうございました
2020-08-02 スポーツカフェ・2020TOKYO(カフコンス第145回)
2020-08-01 ボクシング&短距離走
2020-07-30 勝者&敗者の掟
2020-07-28 試合前&9回裏2アウトの祈り
2020-07-26 フレースエー&トリアノンでのテニス
2020-07-25 セーリング&スイミング
2020-07-23 音楽のスポーツカフェ!

終了したカフコンス・目次2020-06-28

*カテゴリ「終了したカフコンス」の目次です。

第145回 2020/08/02 スポーツカフェ・2020TOKYO
第144回 2020/06/28 デュオのひととき〜composers offscreen
第143回 2019/12/15 アンドレ・プレヴィン・メモリアル
第142回 2019/11/17 こどものうたvol.2〜イマジネーションの世界
第141回 2019/09/15 ブラス・カフェ〜ホルンとトロンボーンの競演
第140回 2019/08/12 デュオのひととき〜真夏の夜のファゴット
第139回 2019/07/14 デュオのひととき〜初夏のクラリネット
第138回 2019/05/26 ファゴットとピアノで綴るR・E・I・W・A
第137回 2019/04/07 outside my window〜フルートとソプラノの競演
第136回 2019/02/10 こどものうたvol.1
第135回 2019/01/27 デュオのひととき~クラリネットとピアノによる東欧作品
第134回 2018/12/02 アドベント・カフェ〜クリスマスの贈り物
第133回 2018/10/07 ヴォカリーズ集vol.5〜歌詞のない歌
第132回 2018/05/27 ホルンとファゴットの競演〜イタリアの協奏曲集
第131回 2018/02/18 花のカタログ
第130回 2017/11/26 トリオのひととき〜感傷的な散歩道
第129回 2017/10/29 アコーディオンの世界〜the classical accordion in Japan
第128回 2017/08/20 ホーンテッド・カフェ〜19世紀のホラー
第127回 2017/07/09 デュオのひととき~クラリネットとピアノによる近代フランス音楽
第126回 2017/05/21 オーヴェルニュの山にて
第125回 2017/03/26 デンマークのクラリネット〜ゲーゼ生誕200年記念
第124回 2017/02/11 デュオのひととき〜春を待ちながら
第123回 2017/01/22 コンラディン・クロイツァー室内楽作品集
第122回 2016/11/27 秋の日のファゴットの溜息の...
第121回 2016/06/26 ベッリニアーナ・カフェ
第120回 2016/04/24 クラリネット・ファゴットによる二重奏vol.2
第119回 2016/02/14 チョコレートとキス
第118回 2015/11/08 フルートとファゴットの競演vol.3〜モダン編
第117回 2015/10/11 カフェコンセールの歌姫vol.7
第116回 2015/07/26 ドニゼッティアーナ・カフェ
第115回 2015/06/14 旅への誘いvol.2〜ヴァカンス
第114回 2015/04/19 フルートとファゴットの競演vol.2
第113回 2015/01/25 12周年・二度目の未年に寄せて
第112回 2014/11/23 フルートとクラリネットの競演
第111回 2014/09/21 子守歌
第110回 2014/08/10 ファゴットカフェ
第109回 2014/06/22 雨の日のカフェ~カフェコンセールの歌姫vol.6
第108回 2014/05/18 フルートカフェvol.2
第107回 2014/02/23 樹木のカタログ
第106回 2013/12/08 フルートとファゴットの競演〜ヴェルディ生誕200年記念
第105回 2013/10/20 弦楽三重奏のひととき~Les violons de l'automne
第104回 2013/09/22 デュオの楽しみ〜メンデルスゾーン兄弟の二重奏
第103回 2013/08/11 ヴォカリーズ集vol.4〜組曲とブルース
第102回 2013/06/16 ホルンとサックスの響き
第101回 2013/04/28 虫のカタログ
第100回 2013/03/20 フルート・オーボエ・クラリネット・ピアノによる四重奏
第99回 2013/02/17 ブラームスとミュールフェルト
第98回 2012/12/23 冬のトリオダンシュ
第97回 2012/11/18 物語~イベール没後50年・フランセ生誕100年記念
第96回 2012/09/09 ベートーヴェン変奏曲集
第95回 2012/08/26 ヴォカリーズ集vol.3〜ソナタと協奏曲
第94回 2012/07/15 クラリネット・ファゴット・ピアノによる18~21世紀の三重奏
第93回 2012/05/13 イギリスの三重奏
第92回 2012/04/22 花蝶風月~記念イヤーの作曲家による作品集
第91回 2012/03/25 クラリネットカフェvol.4
第90回 2012/02/19 フルートカフェ
第89回 2011/12/25 クラリネットデュオ~2つの小協奏曲
第88回 2011/11/20 「オーヴェルニュの歌」選集
第87回 2011/10/09 duo passionate〜北欧の叙情と情熱
第86回 2011/09/11 クラリネット・ファゴット・ピアノによる三重奏
第85回 2011/08/07 音で演じる「ブレーメンの音楽隊」
第84回 2011/07/10 カフェコンセールの歌姫vol.5
第83回 2011/06/19 木管五重奏のひととき〜管弦楽名曲集
第82回 2011/05/15 旅への誘い
第81回 2011/04/24 クラリネットカフェvol.3
第80回 2011/03/27 春のトリオダンシュ
第79回 2011/02/13 クラリネット・ファゴットによる二重奏~美女と野獣の対話
第78回 2011/01/23 ヴァイオリン・クラリネット・ピアノによるロシアの三重奏
第77回 2010/12/05 クラリネット・ホルン・ピアノによる三重奏~ライネッケ没後100年記念
第76回 2010/11/07 ポール・ボウルズの音楽~生誕100年記念
第75回 2010/10/10 モーツァルトとシュタードラーvol.7
第74回 2010/09/26 ナポリ楽派の音楽~A.スカルラッティ生誕350年/ペルゴレージ生誕300年記念
第73回 2010/08/22 2つの幻想小曲集~シューマン生誕200年記念
第72回 2010/06/27 カフェコンセールの歌姫vol.4
第71回 2010/04/25 ヴァイオリン・クラリネット・ピアノによるフランスの三重奏
第70回 2010/03/14 モーツァルトとシュタードラーvol.6
第69回 2010/02/28 ベートーヴェン初期作品を訪ねて
第68回 2010/01/24 カフェコンセールの歌姫vol.3
第67回 2009/11/22 ボジョレヌーボー解禁・乾杯コンサート(第20回荻窪音楽祭参加)
第66回 2009/10/12 印象派への扉
第65回 2009/09/27 歌留多カフェ~小倉百人一首による歌曲集
第64回 2009/08/09 「アメリカ」異郷の夏~アンコールシリーズvol.1
第63回 2009/07/12 クラリネット/ヴィオラ/ピアノによるブルッフ
第62回 2009/06/14 ブラームス~亡き母に寄せる三重奏
第61回 2009/05/17 オペラカフェvol.1「ラ・ボエーム」(第19回荻窪音楽祭参加)
第60回 2009/04/12 春日和~邦楽の香り
第59回 2009/03/08 チェコの三重奏~リクエストシリーズvol.1
第58回 2009/02/08 クラリネットカフェvol.2
第57回 2009/01/25 シュポアの「魔王」~没後150年記念
第56回 2008/11/24 国際カエル年記念・18世紀のカエルたち
第55回 2008/10/05 シューマン夫妻の三重奏
第54回 2008/08/17 水上の夏の夜を歌わん~ヴォカリーズ集vol.2
第53回 2008/07/20 一衣帯水~中国名歌集
第52回 2008/06/29 画家と絵画に寄せてvol.2
第51回 2008/05/18 メンデルスゾーン姉弟の三重奏(第17回荻窪音楽祭参加)
第50回 2008/04/20 サックスカフェvol.2(カフコンス50回記念)
第49回 2008/04/06 スプリングコンサート~木管五重奏のひととき
第48回 2008/03/09 音楽なんて嫌い!~ バーンスタイン声楽作品集
第47回 2008/02/17 木管五重奏meetsピアノ!
第46回 2008/01/27 ラ・ボンヌ・キュイジーヌ~お料理の音楽(カフコンス5周年記念)
第45回 2007/12/16 クリスマスコンサート~キャロルでつづる降誕物語
第44回 2007/11/25 カントルーブとオーヴェルニュの歌~カントルーブ没後50年記念(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第43回 2007/10/28 女心と秋の空
第42回 2007/09/23 動物愛護週間・哀悼コンサート
第41回 2007/08/19 ブラームスの風にのせて
第40回 2007/07/29 うぐいすと薔薇~ヴォカリーズ集
第39回 2007/06/03 スペインの三重奏
第38回 2007/05/20 クロカンブッシュ~お菓子の音楽(第15回荻窪音楽祭参加)
第37回 2007/04/22 カフェコンセールの歌姫vol.2
第36回 2007/03/25 J.S.バッハカフェ
第35回 2007/02/25 ギリシャとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第34回 2007/01/28 サックスカフェ
第33回 2006/12/03 ゆく年くる年~ショスタコーヴィチ生誕100年/グリーグ没後100年
第32回 2006/11/19 モーツァルトとロイトゲープvol.2(第14回荻窪音楽祭参加)
第31回 2006/10/22 モーツァルトとロイトゲープvol.1/モーツァルトとシュタードラーvol.5
第30回 2006/09/24 ケックランと女優たち
第29回 2006/08/06 「アメリカ」~異郷の夏
第28回 2006/06/18 カフェコンセールの歌姫
第27回 2006/04/30 友情の二重唱
第26回 2006/03/19 猫の音楽史
第25回 2006/02/26 ソプラノ/ホルン/ピアノによる三重奏
第24回 2006/01/29 画家と絵画に寄せて
第23回 2005/12/11 クラリネットカフェ
第22回 2005/11/20 ヴィオラカフェ(第12回荻窪の音楽祭参加)
第21回 2005/10/30 バリトンカフェ
第20回 2005/09/25 アメリカとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第19回 2005/07/03 モーツァルトとシュタードラーvol.4
第18回 2005/06/05 モーツァルトとシュタードラーvol.3
第17回 2005/05/22 ダブルリードでドニゼッティ(第11回荻窪の音楽祭参加)
第16回 2005/04/24 モーツァルトとシュタードラーvol.2
第15回 2005/03/27 わが愛しのナイチンゲール
第14回 2005/02/27 モーツァルトとシュタードラーvol.1
第13回 2005/01/16 新春~箏と三絃の饗宴
第12回 2004/11/21 アイルランドとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社/第10回荻窪の音楽祭参加)
第11回 2004/09/19 愛の円舞曲集
第10回 2004/07/18 カフェのある街並み
第9回 2004/05/16 イングランドとオーヴェルニュの歌(第9回荻窪の音楽祭参加)
第8回 2004/03/07 花と昆虫に寄せて
第7回 2004/01/11 木管五重奏によるウィンナワルツとポルカ(カフコンス1周年記念ニューイヤーコンサート)
第6回 2003/11/16 仏蘭西喜歌劇二重唱(第8回荻窪の音楽祭参加)
第5回 2003/09/21 オーボエ/ファゴット/ピアノによる三重奏vol.2
第4回 2003/07/06 オーボエ/ファゴット/ピアノによる三重奏
第3回 2003/05/18 仏蘭西浪漫派二重唱(第7回荻窪の音楽祭参加)
第2回 2003/03/02 フルート/オーボエ/クラリネット/ピアノによる四重奏
第1回 2003/01/26 ソプラノ/クラリネット/ピアノによる羊飼いの歌
※第1~67回は荻窪・名曲喫茶ミニヨンにて、第68~85回は笹塚・Blue-Tにて開催。
第86回より本郷・金魚坂にて開催中。

デュオのひととき〜composers offscreen(カフコンス第144回)2020-06-28

offscreen
*曲目

ニーノ・ロータ「トッカータ」
Nino Rota (1911-79)
Toccata (1974)

ジョン・ウィリアムズ「五つの聖なる木」より
John Williams (1932-)
The five sacred trees (1992)
  5. Dathi 神託とミューズの木

エンニオ・モリコーネ「四つのスタディ」より *ピアノソロ
Ennio Morricone (1928-)
Quattro studi (1983-89)
  Primo studio スタディ第一番

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ「ソナチネ」
Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)
Sonatina op.130 (1946)
  1. Allegretto
  2. Andante grazioso e un poco malinconico
  3. Rondo alla marcia; allegro con spirito

(アレック・ワイルダー「Air」)


*出演

江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)


*プログラムコメント

 本日は、リクエストをいただいたカステルヌオーヴォ=テデスコの「ソナチネ」を中心に、映画音楽界の大御所三人のクラシック作品も集めて演奏します。

 14歳でオペラを作曲して20世紀のモーツァルトと呼ばれたロータは、オペラや交響曲を始めとする約100曲を作曲する傍ら、バーリ音楽院で教授、学長も務めた。「トッカータ」はマイナーな楽器の教授らとの連携によりレパートリーを充実させるために書かれ、後年「ファゴット協奏曲」の第1楽章に組み込まれた。

 ウィリアムズの「五つの聖なる木」はアイルランド神話を題材にした協奏曲で、第五楽章は神託とミューズの木、オルダーを指す。アイルランド系のウィリアムズは「何千年も昔の祖先は木を伐採する前に霊に祈っていた」事が「木であるファゴットのために木の音楽を書く」きっかけになったと語っている。

 ポスト・ウェーベルンを自負するモリコーネは「映画音楽を書くときにも実験をやめない」と語り、映画音楽から引退した現在も作曲を続けて作品は150を超える。「スタディ第一番」も、一曲を通してペダルを踏み続け、音は6つの鍵盤のみを使用、音型を鏡像にしたり音符の数を規則的に並べたり、と実験的。

 ユダヤ系イタリアの作曲家カステルヌオーヴォ=テデスコは、第二次大戦直前にアメリカへ逃れ、約200本の映画音楽を手がけた(ライブラリー用音楽を含む)。また門下からはマンシーニ、ゴールドスミス、プレヴィン、ウィリアムズら映画音楽の人気作曲家を輩出した。「ソナチネ」もハリウッド時代の作。


*ブログ

2020-06-30 ご来場ありがとうございました
2020-06-28 デュオのひととき〜composers offscreen(カフコンス第144回)
2020-06-27 offscreen・明日開催です
2020-06-26 マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ
2020-06-25 エンニオ・モリコーネ
2020-06-23 ジョン・ウィリアムズ
2020-06-22 ニーノ・ロータ
2020-06-15 オフスクリーン
2020-06-07 バスチーと映画
2020-05-05 おうちでサイコロ遊び
2020-05-04 【5月4日】延期のお知らせ
2020-04-03 桜の木
2020-04-01 【4月1日】延期のお知らせ
2020-03-08 【3月8日】延期のお知らせ
2020-03-01 【3月1日】お知らせ
2020-02-05 春のカフコンス
2020-01-03 謹賀新年