オーヴェルニュの山にて(カフコンス第126回)2017-05-21

Baïlèro
En plein vent
Malurous

*曲目

カントルーブ「オーヴェルニュの歌」より *ソプラノ・ピアノ
Joseph Canteloube (1879-1957)
Chants d'Auvergne (1923-53)
Baïlèro バイレロ
Postouro, sé tu m'aymo 羊飼いの娘よ、もしお前が僕を好きなら
Tè, l'co, tè! 行け!犬よ、行け!

同「ヴァイオリンとピアノのための"山にて"」
Joseph Canteloube
Dans la montagne pour violon et piano (1904/33)
1.En plein vent (Prélude) 風の中で(前奏曲)
2.Soir 夕べ
3.Jour de fête 祭りの日
4.Dans les bois au printemps ~ Vers l'absente 春の森にて〜在りしものへ

(同「オーヴェルニュの歌 より 女房持ちはかわいそう」)


*出演

本郷幸子(ヴァイオリン)
川北祥子(ピアノ)
友情出演:渡辺有里香(ソプラノ)


*プログラムコメント

 本日はカントルーブの代表作「オーヴェルニュの歌」から3曲と、習作の「山にて」を取り上げる。
 「オーヴェルニュの歌」はカントルーブが故郷オーヴェルニュの民謡にオーケストラ伴奏を施した曲集。「バイレロ」では山で仲間と呼び交わす会話、「犬よ行け」では牧畜犬への命令の言葉も採譜している。
 組曲(ソナタとも呼ばれる)「山にて」は、書簡で師ダンディの助言を受けながら故郷で完成された野心作。フランクからドビュッシーまで思わせる様々な書法を試しながら、全4曲(4楽章)は循環形式的に用いられた民謡風のモティーフによって統一されている。


*歌詞大意

「バイレロ」

─ 羊飼いさん、そっちは楽しくないでしょう?
─ ああ、楽しくないよ。おまえは?

─ 羊飼いさん、こっちの野は花がいっぱい、
    群を連れてこちらへおいでなさいよ。
─ こっちはいい草があるぞ。

─ 羊飼いさん、間に川があって、渡って行けないわ。
─ じゃあ、こっちからおまえに会いにいくよ。

「羊飼いの娘よ、もしお前が僕を好きなら」

羊飼いの娘よ、もしお前が僕を好きなら
僕の悩みを減らしておくれ!
そしたらお前に服とすてきなエプロンをあげよう
他の羊飼いの娘たちは
  そんなにすてきなのを持ってないだろう!
ティ・ウリ・ウリ・ウリ・ウリ・ウリ・ウラ・ラ…

羊飼いの娘よ、もしお前が僕を好きなら
僕の悩みを減らしておくれ!
そしたら咲いたばかりの花でできた首飾りをあげよう
他の羊飼いの娘たちは
  そんなにすてきなのを持ってないだろう!

カササギの鳴き声がきこえる
 ─ かわいい人よ、目を覚ましなさい!
カササギなんて放っておけ、ヒナたちと一緒に!
それで僕らは二人の約束を守ろうよ
二人きりで愛し合う約束を!

「行け! 犬よ、行け!」

行け! 犬よ、行け! 雌牛を止めろ!
逃げるのが見えるだろ? おい!
おい、急げ急げ早く行け! 行け!
朱いのを連れ戻せ! 行け! プルルルル!
よくやった! もういいぞ!
戻って来い、戻って来い、戻って来い!


*ブログ

2017-05-23 ご来場ありがとうございました
2017-05-21 オーヴェルニュの山にて(カフコンス第126回)
2017-05-19 オーヴェルニュの風景
2017-05-15 オーヴェルニュの羊飼い
2017-05-11 オーヴェルニュの山にて
2017-04-27 カントルーブvol.7
2017-04-14 2017年5月・7月の演奏メニュー

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2017/05/21/8570488/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。