「スペインの古い歌」?2022-05-19

民謡編曲と一口に言っても、カントルーブ(カステルヌオーヴォテデスコもおそらく)のように「採取」&「編曲」する場合もあれば、ハイドンやベートーヴェンの民謡編曲集のように楽譜を渡されて「編曲」する場合もあるし(ラヴェルの「スペインの歌」もおそらく)、ブラームスの民謡集は採取するまでもない子供達が歌っている民謡に伴奏をつけたりしています。オブラドルスの「スペインの古い歌」はというと、採取(フィールドワーク)というよりも文献などから古い歌や歌詞を掘り起こしてきたようです。

「ようです」と濁すのは慣れないスペイン語でその説明を読んだからなのですが、それ以前に曲集のタイトル「Canciones clásicas Españolas」からして訳に悩んでいます。よく「スペイン古典歌曲集」と呼ばれますが「イタリア古典歌曲集」のようなバロックや古典の曲集ではないし、かといって「民謡集」でもなく... ↓の曲目も原語のままなのはまだ訳せていないからです... がんばれ自分!(川北@プログラム作成中)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

所感―オブラドルスの「スペインの古い歌」から、と、おまけ2022-05-17

ラヴェルとはまた違った雰囲気を持つ民謡をもとにした曲で、ピアノ部分をやはりギターで演奏することもあるという。選んだ5曲の歌詞は個人的で何ということもないけれど、情熱的なスペインの一コマ、という気がする。曲の感じも粋で、ピアノ部分はとても格好がいい。歌いまわしも格好よくいきたいものだがなかなか難しい。そもそも私はカッコイイという要素と無縁である。カッコイイものをあまり好んで選ばず、どうしても可愛らしいものやほんわかしたものを選んでしまう。例えば服装にしても、3年に1度くらいカッコよくしてみようという気になるのだが、どうしていいか分からない。カッコイイを一歩ずれて、マダムっぽくなってしまう。マダムっぽいオブラドルスは・・・もしかしたらアリかもしれない。

ところで以前に書いた「収穫の歌」について。3つ下の妹はやはり応援歌として歌っているはずなので歌ってみてもらったら、なんと、ほぼ楽譜通り正確に歌っていて驚いた。どのように教わったのか覚えていないらしいが、応援団からの口承ならきっと覚えていると思うので、音楽の時間かなにかにきちんと教わったのかもしれない。3年違うと伝統?は変わってしまうのかと少しがっかりした。(渡辺)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

情報のない「世界の民族舞曲集」2022-05-15

カフコンスでピアノ曲を演奏するのは実は歌手の休憩のためという消極的理由だったりもするのですが、今回は紀行番組の移動の車中のイメージで(?)、トゥリーナの「スペイン民謡に基づく2つの踊り」第2番、バスク民謡「ゲルニカの木」を選んでみました。

今回の演奏曲は全て民謡(または古い歌)からの編曲作品で、基本的に歌は元のメロディをそのまま歌いますが、この「ゲルニカの木」ではどんどん転調したり、旋律を変化させたりつなぎ合わせたりもします。たとえば「さくらさくら」で言えば「やよいのそらはみわたす/かすみか」のような感じです。歌だと歌えなくなってしまいますがピアノ曲ならこんな編曲もできるわけです。

これを「バスク地方の歌」の後に弾き始めると実にしっくり繋がりつつ、トゥリーナの編曲が濃くなるにつれてスペイン色が濃くなってきます。フランスとスペインの作曲家によるフランス側バスク、スペイン側バスクを聴き比べていただけたらと思います。

ところで題名がなぜ「踊り」なのか不思議に思い調べてみたところ、Oxford University Pressの委嘱作で「Folk Dances of the World」というシリーズとして出版されたものでした。「世界の民族舞曲集」なんて宝庫に違いないと思うのですが、シマノフスキの「ポーランドの踊りop.47」(の一部?)も含まれる、ということ位しかわかりません。どなたか詳細をご存知の方、教えてください!(川北)

※追記(確認できた収録曲)
モラン「The White Mountain」
Herbert Howells「Slow Dance」


--------------------------------------------------

今月の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------