ご来場ありがとうございました2022-01-18

日曜日は久々の「モーツァルトとシュタードラー」にご来場ありがとうございました。今回4番を演奏してついに「ディヴェルティメント」1〜5番をコンプリート!と思ったのですが、2番が3曲のみ抜粋だったので、またの機会に25曲フルコンプも目指せたらと思います。

さて次回2月・3月は開催準備を進めておりますが、内容や日程が変更になる場合は都度このブログでご案内いたします。

2/6は「60歳の作曲家たち」5人の特集です。一番新しい作品は2019年作ですが、どれも現代曲や前衛の印象ではなく(だから既に人気が出ているとも言えます)、聴いて楽しい曲ばかりです。

なお当日60歳の方は無料でご入場いただけますので、ぜひ同級生たち(?)の曲を聴きにいらしてください!


--------------------------------------------------

来月の演奏メニュー

2022年2月6日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円
※この回に限り、当日60歳の方は無料でご入場いただけます!

cafconc第149回
還暦祝い〜60歳の作曲家たち

アムラン「子犬のワルツ」(ピアノソロ)
ハフ「ブリッジウォーター」(ファゴットとピアノ)
リーバーマン「優しい声が消えても」他(ソプラノとピアノ)
シルヴェストリーニ「カプシーヌ通り」他(オーボエソロ)
シュナイダー「フルートソナタ」(フルートとピアノ)

川北祥子(ピアノ)
江草智子(ファゴット)
柳沢亜紀(ソプラノ)
荒木良太(オーボエ)
中村淳(フルート)

--------------------------------------------------

モーツァルトとシュタードラーvol.8(カフコンス第148回)2022-01-16

*曲目

ドヴィエンヌ「三重奏曲 へ長調」より
François Devienne (1759-1803)
Trio pour deux clarinettes et basson
  1. Allegro molto

モーツァルト「ディヴェルティメント 第四番 変ロ長調」
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-91)
Divertimento k.439b(Anh229)-4 (1783)
  1. Allegro
  2. Larghetto
  3. Menuetto
  4. Adagio
  5. Allegretto

(モーツァルト「Voi, che sapete」)


*出演

大橋裕子(クラリネット)
飯田真弓(クラリネット)
吉田早織(ファゴット)


*プログラムコメント

 18世紀フランスの作曲家ドヴィエンヌは、3年違いでオーストリアに生まれたモーツァルトと同時期に活躍していたことからフランスのモーツァルトとも呼ばれています。パリ音楽院の初代フルート科教授、宮廷楽団のファゴット奏者としても知られ、短命ながら生涯300曲に及ぶ楽曲の多くが管楽器のために書かれました。フルート、ファゴットの楽曲が知られていますが、パリ音楽院の同僚のクラリネット奏者チャールズ・デュベルノワに書かれたクラリネット作品もあり、軽快で明るく歌うような旋律が特徴です。
 モーツァルトも同時代にオーストリアで活躍していたクラリネット奏者アントン・シュタードラーの為に協奏曲などの名作を残しています。シュタードラーはクラリネットよりもさらに低音が出せるバセットホルンの素晴らしい奏者でもあったようで、作品に出てくる低音部は彼の美しい音色を想定していると言われます。
 ディヴェルティメント(嬉遊曲)は貴族の食卓や祝賀などで堅苦しくなく奏されたもので、モーツァルトの「ディヴェルティメント第4番」は友人の男爵邸で仲間と気軽に演奏するために書かれました。楽しい雰囲気をえがいていただけたらと思います。しかし管楽器的には三人とも吹きっぱなしなので、後半などもしも、ぜえぜえ苦しくなっているのがみられた時には、どうか貴族の食卓を思い浮かべて(ご家族の優雅な食卓でも勿論!!)いただけたらと思います。我々もすました顔で集中しておりますが。
 それでは、皆さまの日曜日が良い一日となりますように。


*ブログ

2022-01-18 ご来場ありがとうございました
2022-01-16 モーツァルトとシュタードラーvol.8(カフコンス148回)
2022-01-14 明後日開催です!
2022-01-11 新年のカフコンス
2022-01-03 謹賀新年
2021-12-08 モーツァルト!
2021-11-22 HAPPY BIRTHDAY ハフ!

明後日開催です!2022-01-14

モーツァルトとシュタードラーというシリーズを再開することを嬉しく思います。前回の第7回は言えないくらい随分前になってしまいました。ブログアーカイブを参照していただきたいです。カフコンスが金魚坂で始まってからこちらの空間と雰囲気がこのシリーズにもぴったりかもしれないと思い気持ちを新たにまた取り組むことにしました。休日のお昼にゆったりと愉しく聴いていただければと思っています。(大橋)

*これまでの「モーツァルトとシュタードラー」
第7回 ディヴェルティメント第3番 他
第6回 ディヴェルティメント第1番 他
第5回 ピアノと管楽器のための五重奏曲 他
第4回 ディヴェルティメント第5番 他
第3回 ケーゲルシュタット三重奏曲 他
第2回 ディヴェルティメント第2番 他
第1回 クラリネット五重奏曲 他


--------------------------------------------------

明後日の演奏メニュー

2022年1月16日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第148回
モーツァルトとシュタードラーvol.8

ドヴィエンヌ「三重奏曲 へ長調」より
モーツァルト「ディヴェルティメント k.anh.229-4」

大橋裕子(クラリネット)
飯田真弓(クラリネット)
吉田早織(ファゴット)

--------------------------------------------------