Geistの訳語がよくわからない件2017-08-16

今回のホラー特集はドイツの秘曲中心のプログラムですが、ファゴットソロではフランスの有名な管弦楽曲、サンサーンスの「死の舞踏」とグノーの「操り人形の葬送行進曲」を選びました。

「死の舞踏」とは、真夜中の鐘を聞いて墓から出てきた骸骨たちが夜明けの鶏が鳴くまで踊り続ける、という中世からの題材で、サンサーンスはまずカツァリスの詩に歌曲を作曲し、後に交響詩と、交響詩のヴァイオリン編や2台ピアノ編を書き、さらに「動物の謝肉祭」でも引用しています。骸骨がヴァイオリンを弾いている設定のため、本人以外の編曲でも弦楽器版が多い中、今回はガリボルディがサロン用小品として編曲した管楽器版を演奏します。

レーヴェの歌曲「霊の生活」も真夜中に墓を抜け出して夜明けの鶏で墓に戻るのですが、「死の舞踏」がみんなで大騒ぎなのに対して、こちらは一人寂しく徘徊するバージョン。骨だけではなく人間の姿か、または透明度が高いか魂のみと思われます(勝手な想像)。

ちなみにタイトル「Geisterleben」のGeist(ghost)は、幽霊や亡霊など、どの語にあたるのか辞書でもよくわからず、勝手なイメージで「霊」にしてみましたが、どうもghostは広義でそういうもの全般を指し、狭義としては比較的実体のあるもの(phantomは文字通り幻や実体のないもの)を指すために、幅広く各種ghostが存在しているようです。この曲や幽霊船、死のファゴットのGeistも広義でしょうか。

この所こんなテキストばかり書いているせいか、そうでない文章でも時々「霊を挙げれば」などと変換されてギョッとします(泣)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2017年8月20日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第128回
ホーンテッド・カフェ〜19世紀のホラー

グノー「操り人形の葬送行進曲」fg.
マルシュナー オペラ「吸血鬼」より 吸血鬼のアリア bar.
サンサーンス(ガリボルディ編)「死の舞踏」fg.
レーヴェ「霊の生活/魔王」 bar.
タウジヒ「幽霊船」pf.
クロイツァー「死のファゴット」bar.fg.pf.

藪内俊弥(バリトン)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

吸血鬼がドン・ジョヴァンニにもオランダ人にもちょっと似てる件2017-08-14

19世紀ドイツのホラー・オカルト題材のオペラといえばまずは「魔弾の射手」ですが、その流れをくんで「さまよえるオランダ人」への橋渡しをするのがマルシュナーの「吸血鬼」。ワーグナーは9歳で「魔弾」を見てハマり、19歳の時には歌劇場の合唱指揮の初仕事で「吸血鬼」のリハーサルを担当し(テノールの兄のためにアリアの追加も書いた)、この2作から大きな影響を受けていると言われます。

今回取り上げるのは、吸血鬼ルートフェン卿が、ボスから「明日の真夜中までに3人の花嫁の生き血を吸わないと命はない」と言われ、「なんという喜び! 彼女の血が私に新しい命を授けるのだ!」と歌う、超カッコいいアリアです。この後、命令通りに花嫁を手中にしていくあたりはどこかドン・ジョヴァンニ風でもあり、1人目はエルヴィラのようにルートフェンに惚れて追ってきた女だったり、2人目はツェルリーナのように結婚式の準備中の花嫁で、口説かれてあっちの小屋へ行って犠牲になったり、オランダ人のゼンタっぽく(吸血鬼が元ですが)吸血鬼伝説のバラードを歌ったりもします。3人目はルチアのように恋人がいるのに親に結婚を決められて困っていて、その恋人はルートフェンの秘密を知る友人で魔弾のマックスぽくもあります。ちなみにマルシュナーは少年時代から猟奇的な題材で作曲していたそうで、ちょっと引きますね...

さてワーグナーつながりでもう1曲、ピアノで演奏するタウジヒの「幽霊船」は、Strachwitzの同名の詩(バラード)を元に、荒れ狂う海に現れる幽霊船を描いた交響詩のピアノ編曲版です。オケでないと多少単調な印象もありますが、19世紀半ばの19歳の処女作としては斬新だったり、トリスタン和声風の部分もあったり... あれ?この曲が60年作でトリスタンは65年初演? でもトリスタンのスコアは60年に完成したとされていて、タウジヒはワーグナーの写譜を手伝っていたので、ちゃっかり自作に取り入れてしまったのかもしれません。まあその前に「オランダ人」の影響も大きすぎですが、パクりではなくリスペクトということで。


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2017年8月20日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第128回
ホーンテッド・カフェ〜19世紀のホラー

グノー「操り人形の葬送行進曲」fg.
マルシュナー オペラ「吸血鬼」より 吸血鬼のアリア bar.
サンサーンス(ガリボルディ編)「死の舞踏」fg.
レーヴェ「霊の生活/魔王」 bar.
タウジヒ「幽霊船」pf.
クロイツァー「死のファゴット」bar.fg.pf.

藪内俊弥(バリトン)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

死のファゴットがドン・ジョヴァンニにそっくりな件2017-08-11

カフコンスではジャジーなファゴット激カッコイイファゴットなど、ファゴットの様々な側面を取り上げてきましたが、今回演奏するのはなんとホラー! その名も「死のファゴット」という、クロイツァー作曲のファゴット付き歌曲(バラード)です。

ストーリーは「ドン・ジョヴァンニ」にそっくりで、騎士オットー(ドン・ジョヴァンニ)と、ファゴットを吹く従者グントラム(レポレロ)が、美しい娘アーデルグンデ(アンナ)の城の窓の下でセレナーデを歌っていると、娘の父親(騎士長)が剣を手に現れます。ここからは「ドン・ジョヴァンニ」とは逆に、父はなんと娘を殺し、騎士と従者も倒し、ファゴットを戦利品として壁に飾ります。すると吹き手もいないファゴットが突然鳴り出し(石像?)... (ちなみに「ドン・ジョヴァンニ」の石像は懺悔すれば許してくれそうでしたが、ファゴットは容赦しませんよ/笑)

作詞者は不明で、作曲者本人か内輪でフザケて書いたものと思われますが、それにしては韻も踏まれ10数節に及ぶ、演奏時間も10分近い大作です。クロイツァーにはファゴットのソロ曲も(1月に演奏した変奏曲も含め)いくつかあるので、この曲も知り合いのファゴット奏者と歌手のために悪ノリで作曲したのではないでしょうか。あるいは、法学生時代に仲間と自作のジングシュピールを上演していた頃の作品なのかもしれません。


--------------------------------------------------

今月の演奏メニュー

2017年8月20日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第128回
ホーンテッド・カフェ〜19世紀のホラー

グノー「操り人形の葬送行進曲」fg.
マルシュナー オペラ「吸血鬼」より 吸血鬼のアリア bar.
サンサーンス(ガリボルディ編)「死の舞踏」fg.
レーヴェ「幽霊の生活/魔王」 bar.
タウジヒ「幽霊船」pf.
クロイツァー「死のファゴット」bar.fg.pf.

藪内俊弥(バリトン)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------