Go To カフコンス(カフコンス第146回)2020-10-25


*曲目

<ピアノソロ>
マリオ・カステルヌォーヴォ=テデスコ「四季」より
Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)
Le stagioni op.33 (1924)
  4. Autunno 秋
シャルル・ケックラン「ペルシャの時」より 
Charles Koechlin (1867-1959)
Les heures persanes op.65 (1913-19)
  9. Aubade 朝の歌
  10. Roses au soleil de midi 真昼の陽に照らされる薔薇
フランク・ブリッジ「砂時計」より
Frank Bridge (1879-1941)
The hour glass (1919)
  1. Dusk 夕暮れ

<ホルン・ピアノ>
ギルバート・ヴィンター「ハンターズ・ムーン」
Gilbert Vinter (1909-69)
Hunter's moon

<ヴァイオリンソロ>
ウジェーヌ・イザイ「無伴奏ヴァイオリンソナタ 第4番」より
Eugène Ysaÿe (1858-1931)
Sonate pour violon seul op.27-4 (1923)
  2. Sarabande 第2楽章 サラバンド
J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番」より
Johann Sebastian Bach (1685-1750)
Sonate für Violine solo BWV1005 (1720)
  3. Largo 第3楽章 ラルゴ

<ファゴット・ピアノ>
アレック・ワイルダー「アリア」
Alec Wilder (1907-80)
Air (1945)
ジョン・ウィリアムズ「五つの聖なる木」より
John Williams (1932-)
The five sacred trees (1992)
  2. Tortan 魔女の木

(ブルース・スターク編曲「里の秋」)


*出演

江草智子(ファゴット)
笠間芙美(ホルン)
川北祥子(ピアノ)
ゲスト:宮川正雪(ヴァイオリン)


*ブログ

2020-11-01 ご来場ありがとうございました
2020-10-25 Go To カフコンス(カフコンス第146回)
2020-10-24 Go To カフコンス / ヴァイオリンも!
2020-10-22 Go To カフコンス / ファゴット
2020-10-21 Go To カフコンス / ホルン
2020-10-17 Go To カフコンス / ピアノ
2020-10-11 Go To カフコンス
2020-10-09 内容変更のお知らせ

コメント

_ 釈千手 ― 2020-10-27 21:18

どの演奏も素晴らしかったです。その中で一番印象に残ったのはハンターズ・ムーンです。それにしても4人の素晴らしい演奏と、おいしいコーヒーをいただいて1200円とは、Go To企画とはいえ格安すぎますね~。演奏者の皆さん、素晴らしいひと時を本当にありがとうございました。

_ 笠間芙美 ― 2020-10-29 19:15

釈千手様

この度はお越しいただきましてありがとうございました。
私もハンターズムーンは好きな曲なので、印象に残ったとのこと嬉しいです!また面白い曲を発掘して演奏していきたいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2020/10/25/9309327/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。