没後100年2021-11-01

11月になりました。今月のカフコンスは没後100年記念のサンサーンス(1835-1921)特集です。

3年前がドビュッシーの没後100年だったのに、サンサーンスが今年?と思われるかもしれません。19世紀の作曲家と呼ぶには長生きだったし、近代の作曲家と呼ぶには早く生まれています。ちなみに同じ没後100年のフンパーディンク(1854-1921)やセブラック(1872-1921)とも世代が違い、生年はブラームス(1833-97)やチャイコフスキー(1840-93)に近いです。

そして、最初の作品は3歳5ヶ月で書かれたとのことなので、作曲活動は83年にもわたります。今回はその最後の年の、作品番号最後の3曲を番号順に演奏してみようと思います。


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2021年11月7日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第147回
サンサーンス没後100年に寄せて

サンサーンス「クラリネットソナタ op.167」
同「ファゴットソナタ op.168」
同「アルバムのページ op.169」(ピアノ曲)

大橋裕子(クラリネット)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2021/11/01/9436849/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。