サンサーンス没後100年に寄せて(カフコンス147回)2021-11-07

op.167
op.168
op.169

*曲目

サンサーンス「クラリネットソナタ」*クラリネットとピアノ
Camille Saint-Saëns (1835-1921)
Sonate pour clarinette et piano op.167 (1921)
  1. Allegretto
  2. Allegro animato
  3. Lento
  4. Molto allegro ~ Allegretto

同「ファゴットソナタ」*ファゴットとピアノ
Camille Saint-Saëns
Sonate pour basson et piano op.168 (1921)
  1. Allegretto moderato
  2. Allegro scherzando
  3. Molto adagio ~ Allegro moderato

同「アルバムの一葉」*ピアノ
Camille Saint-Saëns
Feuillet d'album op.169 (1921)


*出演

大橋裕子(クラリネット)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)


*プログラムコメント

 19〜20世紀フランスの大作曲家サンサーンス、今年はその没後100年にあたります。本日のカフコンスでは、サンサーンスの300以上の作品中、作品番号のつけられた169曲の最後の3曲を、16分、13分、3分、という演奏時間ですが番号順に演奏いたします。

--------------------

 サンサーンスは時代的にもベートーヴェンやシューマン、ワーグナーといったドイツ音楽の影響を受けながらフランス音楽の伝統を確立していった人物。交響曲などそういった雰囲気も垣間見られると思うのですが、室内楽曲やソナタはどうだろうかと考えます。クラリネット奏者にとってはこの曲は必ず通る大切なレパートリーでもあり、冒頭のテーマをはじめ全体に流れるようなフレーズやハーモニーからはフランス人らしいエスプリが感じられるのですが、曲の形式や低音の響きを多く使っているところは重厚感も漂ってきます。悲壮感と表現する人もいるようです。

 モーツァルト、ブラームス、その他にも大作曲家が晩年になるとクラリネットの曲を書くことは界隈ではいい意味で有名な噂話ですが、86歳で亡くなるサンサーンスはその一年程前にもう作曲の計画はないと言った後に、もっとも恩恵の少ない楽器の為にとオーボエ、クラリネット、ファゴットのソナタを作曲したとのことです。消えかかる人生の時間に描く回想、心の揺れや刹那な輝きが所々に表現されているようにも感じます。

 100年と言うことで、私の祖母がただ今101歳なので凄く遠い昔でもないように思っています。100年前、まだ世界は戦中で日本は大正デモクラシーだったわけなのでそれからの時代の変化は凄まじく音楽様式の変化も物凄いのですが、今ここでは少しでもその時代から受け継がれているエスプリを表現できたらと思いながら。

 どうぞ三曲を楽しんでください。(大橋裕子)

--------------------

 サンサーンスは1913年にストラヴィンスキーの『春の祭典』の初演に立ち会うも、冒頭の高音のファゴットソロを聞いて「楽器の扱い方を知らない」と激怒し出て行ってしまった、というエピソードがありますが、この1921年作曲のファゴットソナタは、それより高い音域まで使いつつ(現在でも地味に難しいのですが)、楽器に不似合いなことを無理してやるような箇所はなく、吹くたびに、楽器の得手不得手、扱い方を知り尽くしているなと感じます。

 一楽章は回想するようなファゴットのメロディーにリズムが変化していくピアノパートが伴い、二楽章はファゴットの広い音域をヴィルトゥオーゾ的に駆けめぐるスケルツォ。三楽章は夢心地なアダージョから始まり、人生の厳しさも感じられる中間部を経てアダージョに戻って、最後は田舎の踊りのようなアレグロモデラートの短い終結部(切れ目なく続く四楽章のような位置付けです)で楽しく終わります。

 現在でもファゴットはソロ楽器としてそこまで認知されていないと思いますが、100年も前にテノール音域の美しさや得意な跳躍を存分に生かしたソナタを書いてくれたサンサーンスに感謝したいです。「ファゴットってどんな楽器?」と聞かれたら吹きたい一曲です。(江草智子)

--------------------

 サンサーンスのソナタを二曲並べるからには聴き比べポイントも書いておくべきかと思います。まずクラリネットソナタはロマン派寄りで、深い嘆きが印象的な三楽章から怒涛の四楽章を経て一楽章冒頭の再現で穏やかに終わります。新古典寄りのファゴットソナタは一楽章もより簡素、三楽章は優雅なバロック調で、民謡調の短い終結部であっさり終わります。軽快な両二楽章では楽器によって違う「跳躍」「速いパッセージ」などの特徴的な音型にもご注目ください。

 ソナタは全六曲が構想されていたそうですが、三曲の完成後に書かれたピアノ曲が作品番号最後の作品となりました。タイトルの「アルバムの一葉」とは、出版物でなく紙のまま挟んで贈呈される自筆のサインなどの一葉を指し、この曲もエドモン・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に献呈されています。献呈用として易しく書かれた中に、華やかなカデンツァ、自在な転調や謎の増三和音による半音階など、技法も遊び心も感じられる小品です。本日は二つの名曲の後奏曲としてお聴きいただけたらと思います。(川北祥子)


*ブログ

2021-11-10 ご来場ありがとうございました
2021-11-07 サンサーンス没後100年に寄せて(カフコンス147回)
2021-11-06 明日、1年ぶりの開催です!
2021-11-03 アルバムリーフ
2021-11-02 ソナタ集
2021-11-01 没後100年
2021-10-31 TRICK OR TREAT
2021-10-05 記念イヤー!
2021-10-01 準備中です(ヴォカリーズ)
2021-09-27 準備中です(還暦祝い その2)
2021-09-27 準備中です(還暦祝い その1)
2021-06-01 準備中です(バスク)
2021-01-03 謹賀新年

終了したカフコンス・目次2021-11-07

*カテゴリ「終了したカフコンス」の目次です。

第148回 2022/01/16 モーツァルトとシュタードラーvol.8
第147回 2021/11/07 サンサーンス没後100年に寄せて
第146回 2020/10/25 Go To カフコンス
第145回 2020/08/02 スポーツカフェ・2020TOKYO
第144回 2020/06/28 デュオのひととき〜composers offscreen
第143回 2019/12/15 アンドレ・プレヴィン・メモリアル
第142回 2019/11/17 こどものうたvol.2〜イマジネーションの世界
第141回 2019/09/15 ブラス・カフェ〜ホルンとトロンボーンの競演
第140回 2019/08/12 デュオのひととき〜真夏の夜のファゴット
第139回 2019/07/14 デュオのひととき〜初夏のクラリネット
第138回 2019/05/26 ファゴットとピアノで綴るR・E・I・W・A
第137回 2019/04/07 outside my window〜フルートとソプラノの競演
第136回 2019/02/10 こどものうたvol.1
第135回 2019/01/27 デュオのひととき~クラリネットとピアノによる東欧作品
第134回 2018/12/02 アドベント・カフェ〜クリスマスの贈り物
第133回 2018/10/07 ヴォカリーズ集vol.5〜歌詞のない歌
第132回 2018/05/27 ホルンとファゴットの競演〜イタリアの協奏曲集
第131回 2018/02/18 花のカタログ
第130回 2017/11/26 トリオのひととき〜感傷的な散歩道
第129回 2017/10/29 アコーディオンの世界〜the classical accordion in Japan
第128回 2017/08/20 ホーンテッド・カフェ〜19世紀のホラー
第127回 2017/07/09 デュオのひととき~クラリネットとピアノによる近代フランス音楽
第126回 2017/05/21 オーヴェルニュの山にて
第125回 2017/03/26 デンマークのクラリネット〜ゲーゼ生誕200年記念
第124回 2017/02/11 デュオのひととき〜春を待ちながら
第123回 2017/01/22 コンラディン・クロイツァー室内楽作品集
第122回 2016/11/27 秋の日のファゴットの溜息の...
第121回 2016/06/26 ベッリニアーナ・カフェ
第120回 2016/04/24 クラリネット・ファゴットによる二重奏vol.2
第119回 2016/02/14 チョコレートとキス
第118回 2015/11/08 フルートとファゴットの競演vol.3〜モダン編
第117回 2015/10/11 カフェコンセールの歌姫vol.7
第116回 2015/07/26 ドニゼッティアーナ・カフェ
第115回 2015/06/14 旅への誘いvol.2〜ヴァカンス
第114回 2015/04/19 フルートとファゴットの競演vol.2
第113回 2015/01/25 12周年・二度目の未年に寄せて
第112回 2014/11/23 フルートとクラリネットの競演
第111回 2014/09/21 子守歌
第110回 2014/08/10 ファゴットカフェ
第109回 2014/06/22 雨の日のカフェ~カフェコンセールの歌姫vol.6
第108回 2014/05/18 フルートカフェvol.2
第107回 2014/02/23 樹木のカタログ
第106回 2013/12/08 フルートとファゴットの競演〜ヴェルディ生誕200年記念
第105回 2013/10/20 弦楽三重奏のひととき~Les violons de l'automne
第104回 2013/09/22 デュオの楽しみ〜メンデルスゾーン兄弟の二重奏
第103回 2013/08/11 ヴォカリーズ集vol.4〜組曲とブルース
第102回 2013/06/16 ホルンとサックスの響き
第101回 2013/04/28 虫のカタログ
第100回 2013/03/20 フルート・オーボエ・クラリネット・ピアノによる四重奏
第99回 2013/02/17 ブラームスとミュールフェルト
第98回 2012/12/23 冬のトリオダンシュ
第97回 2012/11/18 物語~イベール没後50年・フランセ生誕100年記念
第96回 2012/09/09 ベートーヴェン変奏曲集
第95回 2012/08/26 ヴォカリーズ集vol.3〜ソナタと協奏曲
第94回 2012/07/15 クラリネット・ファゴット・ピアノによる18~21世紀の三重奏
第93回 2012/05/13 イギリスの三重奏
第92回 2012/04/22 花蝶風月~記念イヤーの作曲家による作品集
第91回 2012/03/25 クラリネットカフェvol.4
第90回 2012/02/19 フルートカフェ
第89回 2011/12/25 クラリネットデュオ~2つの小協奏曲
第88回 2011/11/20 「オーヴェルニュの歌」選集
第87回 2011/10/09 duo passionate〜北欧の叙情と情熱
第86回 2011/09/11 クラリネット・ファゴット・ピアノによる三重奏
第85回 2011/08/07 音で演じる「ブレーメンの音楽隊」
第84回 2011/07/10 カフェコンセールの歌姫vol.5
第83回 2011/06/19 木管五重奏のひととき〜管弦楽名曲集
第82回 2011/05/15 旅への誘い
第81回 2011/04/24 クラリネットカフェvol.3
第80回 2011/03/27 春のトリオダンシュ
第79回 2011/02/13 クラリネット・ファゴットによる二重奏~美女と野獣の対話
第78回 2011/01/23 ヴァイオリン・クラリネット・ピアノによるロシアの三重奏
第77回 2010/12/05 クラリネット・ホルン・ピアノによる三重奏~ライネッケ没後100年記念
第76回 2010/11/07 ポール・ボウルズの音楽~生誕100年記念
第75回 2010/10/10 モーツァルトとシュタードラーvol.7
第74回 2010/09/26 ナポリ楽派の音楽~A.スカルラッティ生誕350年/ペルゴレージ生誕300年記念
第73回 2010/08/22 2つの幻想小曲集~シューマン生誕200年記念
第72回 2010/06/27 カフェコンセールの歌姫vol.4
第71回 2010/04/25 ヴァイオリン・クラリネット・ピアノによるフランスの三重奏
第70回 2010/03/14 モーツァルトとシュタードラーvol.6
第69回 2010/02/28 ベートーヴェン初期作品を訪ねて
第68回 2010/01/24 カフェコンセールの歌姫vol.3
第67回 2009/11/22 ボジョレヌーボー解禁・乾杯コンサート(第20回荻窪音楽祭参加)
第66回 2009/10/12 印象派への扉
第65回 2009/09/27 歌留多カフェ~小倉百人一首による歌曲集
第64回 2009/08/09 「アメリカ」異郷の夏~アンコールシリーズvol.1
第63回 2009/07/12 クラリネット/ヴィオラ/ピアノによるブルッフ
第62回 2009/06/14 ブラームス~亡き母に寄せる三重奏
第61回 2009/05/17 オペラカフェvol.1「ラ・ボエーム」(第19回荻窪音楽祭参加)
第60回 2009/04/12 春日和~邦楽の香り
第59回 2009/03/08 チェコの三重奏~リクエストシリーズvol.1
第58回 2009/02/08 クラリネットカフェvol.2
第57回 2009/01/25 シュポアの「魔王」~没後150年記念
第56回 2008/11/24 国際カエル年記念・18世紀のカエルたち
第55回 2008/10/05 シューマン夫妻の三重奏
第54回 2008/08/17 水上の夏の夜を歌わん~ヴォカリーズ集vol.2
第53回 2008/07/20 一衣帯水~中国名歌集
第52回 2008/06/29 画家と絵画に寄せてvol.2
第51回 2008/05/18 メンデルスゾーン姉弟の三重奏(第17回荻窪音楽祭参加)
第50回 2008/04/20 サックスカフェvol.2(カフコンス50回記念)
第49回 2008/04/06 スプリングコンサート~木管五重奏のひととき
第48回 2008/03/09 音楽なんて嫌い!~ バーンスタイン声楽作品集
第47回 2008/02/17 木管五重奏meetsピアノ!
第46回 2008/01/27 ラ・ボンヌ・キュイジーヌ~お料理の音楽(カフコンス5周年記念)
第45回 2007/12/16 クリスマスコンサート~キャロルでつづる降誕物語
第44回 2007/11/25 カントルーブとオーヴェルニュの歌~カントルーブ没後50年記念(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第43回 2007/10/28 女心と秋の空
第42回 2007/09/23 動物愛護週間・哀悼コンサート
第41回 2007/08/19 ブラームスの風にのせて
第40回 2007/07/29 うぐいすと薔薇~ヴォカリーズ集
第39回 2007/06/03 スペインの三重奏
第38回 2007/05/20 クロカンブッシュ~お菓子の音楽(第15回荻窪音楽祭参加)
第37回 2007/04/22 カフェコンセールの歌姫vol.2
第36回 2007/03/25 J.S.バッハカフェ
第35回 2007/02/25 ギリシャとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第34回 2007/01/28 サックスカフェ
第33回 2006/12/03 ゆく年くる年~ショスタコーヴィチ生誕100年/グリーグ没後100年
第32回 2006/11/19 モーツァルトとロイトゲープvol.2(第14回荻窪音楽祭参加)
第31回 2006/10/22 モーツァルトとロイトゲープvol.1/モーツァルトとシュタードラーvol.5
第30回 2006/09/24 ケックランと女優たち
第29回 2006/08/06 「アメリカ」~異郷の夏
第28回 2006/06/18 カフェコンセールの歌姫
第27回 2006/04/30 友情の二重唱
第26回 2006/03/19 猫の音楽史
第25回 2006/02/26 ソプラノ/ホルン/ピアノによる三重奏
第24回 2006/01/29 画家と絵画に寄せて
第23回 2005/12/11 クラリネットカフェ
第22回 2005/11/20 ヴィオラカフェ(第12回荻窪の音楽祭参加)
第21回 2005/10/30 バリトンカフェ
第20回 2005/09/25 アメリカとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社)
第19回 2005/07/03 モーツァルトとシュタードラーvol.4
第18回 2005/06/05 モーツァルトとシュタードラーvol.3
第17回 2005/05/22 ダブルリードでドニゼッティ(第11回荻窪の音楽祭参加)
第16回 2005/04/24 モーツァルトとシュタードラーvol.2
第15回 2005/03/27 わが愛しのナイチンゲール
第14回 2005/02/27 モーツァルトとシュタードラーvol.1
第13回 2005/01/16 新春~箏と三絃の饗宴
第12回 2004/11/21 アイルランドとオーヴェルニュの歌(協賛:キリンMCダノンウォーターズ株式会社/第10回荻窪の音楽祭参加)
第11回 2004/09/19 愛の円舞曲集
第10回 2004/07/18 カフェのある街並み
第9回 2004/05/16 イングランドとオーヴェルニュの歌(第9回荻窪の音楽祭参加)
第8回 2004/03/07 花と昆虫に寄せて
第7回 2004/01/11 木管五重奏によるウィンナワルツとポルカ(カフコンス1周年記念ニューイヤーコンサート)
第6回 2003/11/16 仏蘭西喜歌劇二重唱(第8回荻窪の音楽祭参加)
第5回 2003/09/21 オーボエ/ファゴット/ピアノによる三重奏vol.2
第4回 2003/07/06 オーボエ/ファゴット/ピアノによる三重奏
第3回 2003/05/18 仏蘭西浪漫派二重唱(第7回荻窪の音楽祭参加)
第2回 2003/03/02 フルート/オーボエ/クラリネット/ピアノによる四重奏
第1回 2003/01/26 ソプラノ/クラリネット/ピアノによる羊飼いの歌
※第1~67回は荻窪・名曲喫茶ミニヨンにて、第68~85回は笹塚・Blue-Tにて開催。
第86回より本郷・金魚坂にて開催中。