謹賀新年2021-01-03

旧年中は大変お世話になりました。
次回カフコンスはいつ開催できる状況になるかわかりませんが、企画は進行中です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて2021年が記念イヤーにあたる作曲家としては、

ボッテジーニ生誕200年
ドップラー生誕200年
サンサーンス没後100年
フンパーディンク没後100年
ステンハンマル生誕150年
ツェムリンスキー生誕150年
セブラック没後100年
ストラヴィンスキー没後50年
トマジ没後50年
ピアソラ生誕100年
アーノルド生誕100年

等が世間で言われていますが、個人的には1961年生まれのアムラン、ハフ、Dシュナイダー、シルヴェストリーニ等の還暦(辛丑)も勝手にお祝いしたいなと思っています。ついでに丑年の作曲家も調べてみました:

乙丑(温厚で献身的な乳牛)
JSバッハ、ヘンデル、Dスカルラッティ、シュターミッツ、JPEハートマン、ファニーメンデルスゾーン、デュカス、グラズノフ、ニールセン、シベリウス、ベリオ、ブーレーズ…

丁丑(働き者で自分に厳しい耕牛)
ルクレール、ゲーゼ、ドホナーニ、カークエラート、クィルター、グラス、カプースチン…

己丑(バイタリティと商才のある水牛)
ブラーガ、ゴットシャルク、ルビンシュテイン、アホ…

辛丑(平和主義で穏やかな牧牛)
シャブリエ、ドヴォルザーク、タウジヒ、フィンジ、ロドリーゴ、ソーゲ、トマジ…

癸丑(実力もリーダーシップもある牽牛)
メサジェ、ブリテン、ファイン、Mグールド、オアナ、ルトスワフスキ…

性格は当たっている人もそうでない人もいますが、忍耐強い丑の中でも特に強い意志で物事を極めるタイプという乙丑に大作曲家が集中しているのは納得。子育てが上手いというのもJSBやJPEは当たりの気が!?


--------------------------------------------------

※次回準備中、決定次第ご案内いたします。

--------------------------------------------------

コメント

_ 釈千手 ― 2021-01-09 13:56

明けましておめでとうございます。
今年もカフコンスを楽しみにしています。
よろしくお願いします!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2021/01/03/9333958/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。