20年前のシュナイダー2022-06-24

20年前のダニエルさん
シュナイダーはチューリッヒに生まれジュリアードで学んだ作曲家・サックス奏者で、現在はマンハッタンを拠点に活動しています。ジャズ奏者でもある彼の作品は、クラシックと多種多様な音楽が融合したハイブリッド音楽と呼べるでしょう。

「フルートソナタ」はジャズやラテンのテイストを持ちながら急緩急の3楽章のソナタの形をとり、全編ジャズ色が強い第1楽章も壮大なソナタ形式で書かれています。タイトルの「マンハッタナイト」とは生粋のマンハッタンっ子を指すそうです。

第2楽章「大気の弾性波を通して」の「大気の弾性波」とはおそらく「音」を表すのでしょう。四分音(半音の半分の音程)やうねる音形、グリッサンドによって、音波の浮遊感を感じさせます。

ロンド形式風の終楽章は「ブラジレラ(ブラジルの女性)」のタイトル通り、南米のリズムで楽しく一気に駆け抜けます。

このソナタはちょうど僕が生まれた年(1999年)に作曲されました。楽譜の表紙のシュナイダーさんの写真もおそらくまだ40歳位です。(中村)


--------------------------------------------------

明後日の演奏メニュー

2022年6月26日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円
※この回に限り、当日60歳の方は無料でご入場いただけます!

cafconc第150回
還暦祝い〜60歳の作曲家たち

アムラン「子犬のワルツ」(ピアノソロ)
ハフ「ブリッジウォーター」(ファゴットとピアノ)
リーバーマン「優しい声が消えても」他(ソプラノとピアノ)
シルヴェストリーニ「カプシーヌ通り」他(オーボエソロ)
シュナイダー「フルートソナタ」(フルートとピアノ)

川北祥子(ピアノ)
江草智子(ファゴット)
柳沢亜紀(ソプラノ)
荒木良太(オーボエ)
中村淳(フルート)

--------------------------------------------------

オーボエ独奏のための絵2022-06-22

ブーダン「トゥルーヴィルの海辺-嵐の印象 1894年」と、モネ「カプシーヌ通り 1873年」(2点あるうちの1つ)
シルヴェストリーニはフランスの作曲家・オーボエ奏者で、今回演奏するのは印象派の絵画のタイトルがつけられた練習曲集「オーボエ独奏のための6つの絵(1984/97年)」からの2曲です。

Ⅴ 海辺の風景-嵐の空(ブーダン、1864年)
ウジェーヌ・ブーダンは「空の王者」と呼ばれており青空と白雲の表現に長けていました。どんよりとした調性が嵐の雲、そして颯爽と流れるパッセージはその雲が形を変えながら風で流れていくようなことを表しているのかなと思います。

Ⅲ カプシーヌ通り(モネ、1873年)
「カプシーヌ通り」に描かれたフランスの大通りは現在もあります。よければストリートビューで旅行してみてください。人が密集して歩いている中にどこかフランスのお洒落な通りの風景を感じながら吹いてみたいと思います。この曲は循環呼吸という音を出しながら息継ぎをする特殊奏法を用いて演奏します。どこで息を吸ったかバレたくはないのですが、そんなところにも注目しながらお聞きいただければと思います。(荒木)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2022年6月26日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円
※この回に限り、当日60歳の方は無料でご入場いただけます!

cafconc第150回
還暦祝い〜60歳の作曲家たち

アムラン「子犬のワルツ」(ピアノソロ)
ハフ「ブリッジウォーター」(ファゴットとピアノ)
リーバーマン「優しい声が消えても」他(ソプラノとピアノ)
シルヴェストリーニ「カプシーヌ通り」他(オーボエソロ)
シュナイダー「フルートソナタ」(フルートとピアノ)

川北祥子(ピアノ)
江草智子(ファゴット)
柳沢亜紀(ソプラノ)
荒木良太(オーボエ)
中村淳(フルート)

--------------------------------------------------

恒例の朝の超高音2022-06-20

for high voice and piano
カフコンスも150回、しみじみ時間の経過を感じます。

私にとってカフコンス=朝の超高音。いい声を保つための普段の理想の生活としては、例えば朝は早過ぎず遅過ぎず起床して水分や食事を摂り、散歩やストレッチなど軽く体を動かして、11時頃声を軽く起こし、午前中は高い声は出さないでおくのですが、カフコンスではルチアの狂乱の場やグリエールのコンチェルトなど、リハーサルも含めて10時前から数々の超高音を出してきました。

前の日までに声の調子をどんなに整えても、そして当日、本番まで穏やかに過ごせるよう行動の段取りを綿密に予定しておいても、朝、目覚めたら体の状態が一転している、なんてこともよくあります(寝ている間に一体何が起こっているの?)。大抵お昼過ぎ頃には歌える体に戻るのですが、カフコンスではそれだと終演後。なんなら早朝担当のアナウンサーのように夜寝ないで起きたまま朝のコンサートを迎えたいくらいです。

今回歌うのはアメリカの作曲家・指揮者・ピアノ奏者リーバーマンの「優しい声が消えても op.127(2014年)」と「勿忘草 op.135-5(2019年)」の2曲ですが、「勿忘草」はまたしても超高音!(わざわざ「高い声のための」とまで書いてあります。 )当日の超高音はこれから1週間の暮らしぶりにかかっているのです…(柳沢)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2022年6月26日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円
※この回に限り、当日60歳の方は無料でご入場いただけます!

cafconc第150回
還暦祝い〜60歳の作曲家たち

アムラン「子犬のワルツ」(ピアノソロ)
ハフ「ブリッジウォーター」(ファゴットとピアノ)
リーバーマン「優しい声が消えても」他(ソプラノとピアノ)
シルヴェストリーニ「カプシーヌ通り」他(オーボエソロ)
シュナイダー「フルートソナタ」(フルートとピアノ)

川北祥子(ピアノ)
江草智子(ファゴット)
柳沢亜紀(ソプラノ)
荒木良太(オーボエ)
中村淳(フルート)

--------------------------------------------------