鳥たちのカフェ・3日後に開催です!2024-07-17

鳥カフェ
2月のお別れコンサートからあっという間に時間が経ち、今度は新・金魚坂で演奏させていただけることをとても嬉しく思います。新しいお店も楽しみです。

今回は鳥カフェということで、鳥にちなんだ曲が集まりました。テーマは同じ「鳥」でも、視点も描き方も違う曲たちが並びます。中でも私のお気に入りは、デーヴィスの鳥の歌です。フルート奏者の本音が溢れる歌詞を読んで、思わず吹き出してしまいました。鳥の様子や歌声をフルートで表現している作品はたくさんあって、今までも試行錯誤して演奏してきましたが、みんな難しいと思っているんだな…とホッとしました(笑)

どんな作品なのか、ぜひ聴いていただきたいです!(石橋)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2024年7月20日(土) 10時30分開演 (10時10分開場 11時30分終演予定)
於:本郷・金魚坂 (新店舗) / コーヒーまたは中国茶つき 1,800円

cafconc第164回
鳥たちのカフェ

デーヴィス「鳥の歌」 ソプラノ・フルート・ピアノ
ドップラー「森の小鳥」 フルート・ピアノ
グノー「ツグミ」 ソプラノ・ピアノ
アーン「ナイチンゲールがリラの花から」 ソプラノ・ピアノ
シャミナード「マドリガル」 ソプラノ・ピアノ
エマニュエル「ソナチネ ”田園”」 ピアノ
ヴィエネル「カッコウ/リンゴの花/フクロウ」 ソプラノ・ピアノ
コスマ「コロラドの鳥」 ソプラノ・ピアノ
ルーセル「ロンサールの二つの詩」 ソプラノ・フルート
メシアン「クロツグミ」 フルート・ピアノ

石橋美時(フルート)
渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

陶酔と試験2024-07-16

7月20日(土)「鳥たちのカフェ」の最後の曲は、メシアン(1908-92)の名作「クロツグミ(1952)」です。鳥の声を表すフルートソロ部分と、「愛の眠りの庭(トゥーランガリラ交響曲 第6楽章)」からの引用といわれる緩徐部分が2回繰り返された後、フルートの鳥とピアノのセリー(音列)によるクライマックス、というシンプルかつ効果的な構成で書かれています。

パリ音楽院のフルートの試験用に委嘱を受けてごく短期間で作曲したそうで、既作のアイディアを用いた作品とも言えるのですが、鳥の声の要素は既作と比べてリアルで多彩。これが引き金となったのか、完成の1ヶ月後には鳥の本の著者を訪ねて鳥類学を学び、よりリアルな鳥の声の採譜を追求するようになります。翌1953年からはメシアンの「鳥の10年」と呼ばれ、「鳥たちの目覚め」「鳥のカタログ」などの鳥作品がこの時代に書かれました。(写真は「鳥のスケッチ」の楽譜の表紙。)

「愛の眠りの庭」が使われていても陶酔感よりどこか緊張感を感じる気がしますが、元々が試験曲なので教育的課題が詰め込まれていて、つい真剣になってしまうからかもしれません…(笑)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2024年7月20日(土) 10時30分開演 (10時10分開場 11時30分終演予定)
於:本郷・金魚坂 (新店舗) / コーヒーまたは中国茶つき 1,800円

cafconc第164回
鳥たちのカフェ

デーヴィス「鳥の歌」 ソプラノ・フルート・ピアノ
ドップラー「森の小鳥」 フルート・ピアノ
グノー「ツグミ」 ソプラノ・ピアノ
アーン「ナイチンゲールがリラの花から」 ソプラノ・ピアノ
シャミナード「マドリガル」 ソプラノ・ピアノ
エマニュエル「ソナチネ ”田園”」 ピアノ
ヴィエネル「カッコウ/リンゴの花/フクロウ」 ソプラノ・ピアノ
コスマ「コロラドの鳥」 ソプラノ・ピアノ
ルーセル「ロンサールの二つの詩」 ソプラノ・フルート
メシアン「クロツグミ」 フルート・ピアノ

石橋美時(フルート)
渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

グルメな鳥と愛しい鳥2024-07-14

7月20日(土)の「鳥たちのカフェ」の曲目は、フルート奏者の嘆きをプロローグとして、前半は19世紀のフルート作品と歌曲、1887年のピアノ曲を挟み、後半は20世紀の歌曲とフルート作品、という構成です。ピアノ曲がカッコウで終わるので、後半の歌曲は「カッコウ」から始めます。

まずはデスノスの詩による言葉遊びが楽しい4曲、ヴィエネル(1896-1982)の「お話の歌(1954-5)/お花の歌(1957)」より「カッコウ/リンゴの花/フクロウ」と、コスマ(1905-69)の「トリスタンの動物園(1967)」より「コロラドの鳥」です。ヴィエネルを取り上げるのは5回目で計21曲になりましたが、毎回どれも小粒ながら個性的な曲ばかり。全80曲制覇を目指してこれからも演奏していきたいと思います。「コロラドの鳥」は詩においしそうなお菓子や飲物が並びます。そういえば前回の「お気楽な魚」も食前酒を飲んでいました。

そして今回のメインは、今年が生誕500年にあたるロンサール(1524-1584)の詩「私の愛しいうぐいすよ」「空、大気、風」にルーセル(1869-1937)が作曲した「ロンサールの2つの詩(1924)」です(作曲年もちょうど100年前なのは偶然でなく、ロンサール生誕400年の記念企画のために書かれたから)。ロンサールといえば韻を踏んだ詩を有節のメロディで竪琴にのせて歌うイメージもありますが、この曲は語るようなソプラノとフルート、という2本の線だけのような形で書かれています。もちろん1曲目はフルートが「鳥の役」を受け持ちます。


--------------------------------------------------

今月の演奏メニュー

2024年7月20日(土) 10時30分開演 (10時10分開場 11時30分終演予定)
於:本郷・金魚坂 (新店舗) / コーヒーまたは中国茶つき 1,800円

cafconc第164回
鳥たちのカフェ

デーヴィス「鳥の歌」 ソプラノ・フルート・ピアノ
ドップラー「森の小鳥」 フルート・ピアノ
グノー「ツグミ」 ソプラノ・ピアノ
アーン「ナイチンゲールがリラの花から」 ソプラノ・ピアノ
シャミナード「マドリガル」 ソプラノ・ピアノ
エマニュエル「ソナチネ ”田園”」 ピアノ
ヴィエネル「カッコウ/リンゴの花/フクロウ」 ソプラノ・ピアノ
コスマ「コロラドの鳥」 ソプラノ・ピアノ
ルーセル「ロンサールの二つの詩」 ソプラノ・フルート
メシアン「クロツグミ」 フルート・ピアノ

石橋美時(フルート)
渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------