情報のない「編曲コンクール」2022-05-13

ラヴェルの「スペインの歌」「フランスの歌」「イタリアの歌」「ヘブライの歌(Mejerke)」は「第5回 Maison du Lied de Moscou コンクールの入賞作(1910年)」として出版されています。このコンクールについては情報がほとんど見つかりませんが、わかったことをいくつか。

・フランスの作曲家Georges Alexandre(1850-1938)によるスコットランドの歌、フラマンの歌、ロシアの作曲家Alexander Olénin(1865-1944)によるロシアの歌、ラヴェル(1875-1937)の4曲が1910年にモスクワのJurgensonから出版されており、この7曲が入賞作?

・ラヴェルは「スコットランドの歌」も書いていて、作品リストには紛失されたものとしてフラマンの歌、ロシアの歌も載っている。

・Alexandreとラヴェルの「スコットランドの歌」は歌パートが全く同じなので、7つの民謡が譜面に起こされ(仏・露訳もつけられ)て配られ、各自ピアノのパートを作曲したのかも?(そうでなければラヴェルがコンクール後に他の入賞作の民謡も編曲してみたのかも?)

・1〜4回は不明、第6回は1912年?、何回まであったのかも毎回が編曲のコンクールだったのかも不明。もし編曲コンクールなら民謡編曲の宝庫になっていそうですが…

私が勝手に想像したのは、第5回コンクールではなく「Maison du Lied (de Moscou)」という催しの第5回に行われたコンクールで、3人(またはあと何人か)の作曲家の編曲した民謡が発表され、選集が出版されたのではと。どなたか正解をご存知の方、教えてください!(川北)


--------------------------------------------------

今月の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

所感―ラヴェル「スペイン民謡」2022-05-08

この曲はもとの民謡を編曲するというコンクールに向けて作られた(編曲された)曲だという。とあるギタリストは、この曲をギターに編曲してみたところ苦労せず編曲できたらしい。確かにピアノ部分はギターの音色が想像できる。ラヴェルはバスクの人であることもあり、特徴を細微に捉えることができたのだろう。

ところで、歌詞に「ven」を二回、「van」を二回続けるところがあるが、この「v」、唇をかまずに「b」と発音するというのはスペイン語を勉強する時にまず衝撃を受けることの一つだと思う。普段歌う言語ではどちらかというと唇をかまずに「v」を発音してしまい、しまった、と思う方だが、今回は堂々と「b」と言ってよい(言わなければならない)のだ。ラクじゃないかと思いきや、いざ歌うと「v」を「b」で発音するのに自然と唇が抵抗する有様で非常に歌いにくく、様にならない。体に染みついた習慣とは恐ろしいものだ。また、フランス語やドイツ語の発音の規則は比較的すんなり体に入ってきたが、今まで勉強してこなかったスペイン語についてはちっとも身につかない。何度もメモを確認しなければならず、最後にはカタカナに頼ることも・・・。やはり勉強は若いうちに詰め込んでおくものだなあ、と改めて実感した次第。(渡辺)


--------------------------------------------------

今月の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

セファルディの愛の歌2022-04-28

カステルヌオーヴォテデスコの「セファルディの歌」のリクエストをいただき、楽譜を見てびっくりしたのは、宗教的歌詞でなく愛の歌だったことです。

セファルディやヘブライなどのタイトルを見ると、どうしても宗教的な内容を想像しがちですが、「セファルディの歌」で神に祈るのは、夜に恋人の部屋に忍び込もうとする男性が「どうか彼女の母親がぐっすり寝ていますように」という祈りだったりして、そう思うと異国の不思議な旋律も急に妖しいロマンティックな歌に感じられます。

伴奏は、カントルーブが周りの雰囲気を表すのに対して、こちらは伴奏型に徹しています。一番ごとに変化しますが、情景が変わるというより音型が細かくなっていく感じです。ハープの為に書かれているので、弾き語り(竪琴?)風にも思えます。

ところで、歌曲は歌手の声に合わせて移調する(高さを変える)ことがあり、普通は(今回のラヴェルも)元の楽譜を見て演奏できるのですが、「セファルディの歌」は移調譜を作成しました。偶然にも4年前のカステルヌオーヴォテデスコの「ヘブライの歌」以来です。「ヘブライの歌」や今回の3曲目の部分的に半音ズレるような独特の節回しは脳内移調の妨げになる気がします。でも覚えてしまえば頭から離れないキャッチーな歌なので、意外に口承もいけるかもしれません。(川北)


--------------------------------------------------

来月の演奏メニュー

2022年5月22日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第149回
民謡紀行〜バスクからスペインへ

ラヴェル「スペインの歌」
カントルーブ「バスク地方の歌(全5曲)」
トゥリーナ「ゲルニカの木」(ピアノソロ)
カステルヌオーヴォ=テデスコ「3つのセファルディの歌」
オブラドルス「スペインの古い歌」より
  Trova / Al amor / Oh, que buen amor /
  La guitarra sin prima / El tumba y lé

渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------