ご来場ありがとうございました2020-06-30

日曜には雨の中、半年ぶりのカフコンスにご来場ありがとうございました。

今回はカステルヌオーヴォ=テデスコの「ソナチネ」をリクエストいただいた事をきっかけに、演奏機会を狙っていたロータ「トッカータ」とワイルダー「Air」、3楽章まで演奏していたウィリアムズ「五つの聖なる木」も加えて、映画音楽作曲家特集のプログラムを組みました。

アンコールのワイルダーは、ポピュラー音楽のほうが有名になってしまった作曲家で、wikiによると

> 特にシナトラとの親交は深く、1940年代、ワイルダーが自身のクラシック作品をレコード録音させてもらえず悩んでいた際、シナトラは人気スターとしての知名度で「自分が(名目上)ワイルダー作品の指揮をする」という企画を持ち上げて録音を実現させ、ワイルダーを助けたこともある。

そのためかファゴットの「Air」の録音はあちこちズレています(><)

カフコンス次回は「スポーツを楽しむ夏の休日の日記」というコンセプトで、8/2に開催を予定しています。今後の状況により開催を延期する場合はこのブログでご案内いたします。


--------------------------------------------------

次回の演奏メニュー

2020年8月2日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第145回
スポーツカフェ・2020TOKYO

ブリテン「休日の日記」より
   早朝のシャワー/セーリング(ピアノ)
ケックラン「リリアンのアルバム」より
   スイミング(フルート)
ペッテション=ベリエル「フレースエーの花々」より
   ローンテニス(フルート)
シベリウス「6つの歌 op.36」より
   トリアノンでのテニス(ソプラノ)
ウィリアム・シューマン「野球オペラ マイティ・ケイシー」より
   9回裏の祈りのアリア/他(ソプラノとバリトン)
バーンスタイン「タヒチ島の騒動」より
   スポーツクラブのロッカールームでの勝者のアリア(バリトン)
チェレプニン「ソナチネ・スポーティフ」
   1.ボクシング 2.ハーフタイム 3.陸上レース(ファゴット)

柳沢亜紀(ソプラノ)
藪内俊弥(バリトン)
石橋美時(フルート)
江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2020/06/30/9263202/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。