ジョン・ウィリアムズ2020-06-23

ジョン・ウィリアムズ(1932-)の「五つの聖なる木」(1992年、ニューヨークフィル創立150年委嘱作)は、アイルランド神話(ウィリアムズはアイルランド系アメリカ人)の五つの聖なる木を題材とする5楽章構成のファゴット協奏曲で、本人は「何千年も昔の祖先は木を伐採する前に霊に祈っていた」事が「それ自体が木であるファゴットのために木の音楽を書く」きっかけになったと語っています。

カフコンスではこれまでに1楽章「Eó mugna」(来世の木、オーク)、2楽章「Tortan」(魔女の木、エルダー)3楽章「Eó Rossa」(死と再生の木、ユー)を演奏、今回とりあげる5楽章「Dathi」は神託とミューズの木、オルダー(ハンノキ?)を指します。

江草:ジュラシックパークがウィリアムズの曲の中だけでなく、全映画音楽の中で一番好きです。ハリー・ポッターも名曲揃いですね。

川北:スターウォーズが好きです。一番好きな曲は「Here they come」。「五つの聖なる木」の2楽章は格納庫でのバトルの気分でした。今回の「Dathi」は終楽章ということもあり古代の森の惑星へライトセーバーを埋めに行く気分? ちなみにジョン・ウィリアムズもプレヴィンと同じくカステルヌオーヴォテデスコの弟子ですが、グリーティングカードは貰っていないようです。


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2020年6月28日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第144回
デュオのひととき〜composers offscreen

ニーノ・ロータ「トッカータ」
ジョン・ウィリアムズ「5つの聖なる木」より「Dathi」
エンニオ・モリコーネ(ピアノ曲)
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ「ソナチネ」(全3楽章)
予定

江草智子(ファゴット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2020/06/23/9260873/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。