ご来場ありがとうございました2017-03-27

昨日は花冷えの雨の中ご来場ありがとうございました。ご紹介を忘れましたがハートマンのセレナードは3つの楽章がイ長調、ヘ長調、イ短調で、クラリネットはA管、♭B管、A管の持ち替え指定でした。室内楽で楽章ごとに持ち替えるのはかなり珍しいかと思います。何をゴソゴソやっているのかと不思議に思われた方がいらっしゃいましたら説明不足でゴメンナサイ。アンコールはエミール・ハートマンの父、J.P.E.ハートマンのバレエ音楽「スリュムの伝説」より「ヨトゥンヘイムにて」でした。

カフコンス次回は5/21「オーヴェルニュの山にて」、爽やかな季節にフランス高地の音楽です!


--------------------------------------------------

次回の演奏メニュー

2017年5月21日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第126回
オーヴェルニュの山にて

カントルーブ「ヴァイオリンとピアノのための”山にて”」

本郷幸子(ヴァイオリン)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2017/03/27/8423112/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。