東方の三博士のその後2013-12-30

ここ何年かでコンビニにまで進出してきたガレット・デ・ロワ。新年のお菓子かと思っていたら公現祭のお菓子だそうで、公現祭とは1月6日、東方の三博士が幼子イエスを訪問した記念日、とのこと...

...ということは三博士は12日の長旅だったんですね。あの2曲目が冬休み中(?)延々と続く事を思えば、帰省ラッシュや渋滞なんかどうってことないかも...

(ところで絵本には24日がイエスの誕生日とあり、25日ではないのかと疑問だったのですが、当時の歴では日没を一日の始まりとしていたため、生まれたのは現在の24日の日没後=当時の25日のようです。納得。)

では、みなさま良いお年をお迎えください!


--------------------------------------------------

来年の演奏メニュー

2014年2月23日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第107回
樹木のカタログ

アイアランド「桜の木」
ウィリアムズ「聖なる木」より
ほか

江草智子(ファゴット)
渡辺有里香(ソプラノ)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2013/12/30/7170061/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。