ダマーズ「四重奏曲」2013-03-16

ここまで2曲は皇妃宮廷のために書かれた作品でしたが、ダマーズ(1928-)の「四重奏曲」(1992)を献呈されたのは市民階級の(?)アメリカ人、ランサム・ウィルソン(1951-)です。彼はフルート奏者としてスティーブ・ライヒやジョン・アダムスから保守派のダマーズやフランセまで幅広く「現代作品」を委嘱初演の他、指揮者としてもメトロポリタン歌劇場等で活動、また長年「オクラホマ国際モーツァルト音楽祭」で音楽監督も務めていました。ダマーズの「四重奏曲」は同音楽祭の委嘱作品です。

ちなみにウィルソンは、サンサーンスの「カプリス」初演のフルート奏者タファネルの玄孫(やしゃご)弟子にあたり(タファネル>ゴーベール>クリュネル>ランパル>ウィルソン)、この「四重奏曲」も「カプリス」の105年後、今からわずか20年前という現代の作品ですが、作曲家本人が「強引な革新より素直さを好む」と語っているように、ダマーズの音楽は常に「綺麗に」「わかりやすく」展開されます。「カプリス」と同じく名奏者競演が前提の華やかさも加わったゴージャスな作品です。

以上、三曲三様の華やかなプログラムの100回記念カフコンスは来週3月20日(水・祝)開催。当日朝9時からはWBC決勝戦も予定されていますが、予約録画の上ぜひお出かけください!


--------------------------------------------------

来週の演奏メニュー

2013年3月20日(水・祝) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第100
フルート・オーボエ・クラリネット・ピアノによる四重奏

サンサーンス「デンマークとロシアの歌によるカプリス」
テレマン「四重奏曲 ト長調 (食卓の音楽 第1集)」より 1,4楽章
ダマーズ「四重奏曲」(全4楽章)

梶川真歩(フルート)
若木麻有(オーボエ)
荒木こずえ(クラリネット)
川北祥子(ピアノ)

--------------------------------------------------