ザルツブルグのクリスマス2012-12-20

ドイツのクリスマスといえば、やはりクリスマス市。クリスマス4週間前からイブの日まで開かれていて、赤ワインにシナモンなどの香辛料をを加えて温めたグリューワインを飲むのが定番です。ザルツブルグではホットケーキにレーズンなどを混ぜて焼いたものや、シュネーバールという丸くて固いビスケット、ハンガリーのグーラッシュという牛肉の煮込みシチューも食べることができます。市場には、ビネガー、リキュール屋さん、チョコレート屋さん、クリスマスツリーの飾りやくるみ割り人形なども並んでいます。

クリスマス当日は教会で朝からクリスマス礼拝(音楽礼拝)があり、当日は家族で静かに過ごすのがドイツ風です。日本では年末にベートーヴェンの第九を演奏することが多いですが、ヨーロッパではバッハのクリスマスオラトリオやヘンデルのメサイアをよく演奏します。ちなみにこのオーケストラの人形たちもクリスマス市で見つけました! (W)


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2012年12月23日(日) 11時開演(10時40分開場)
於:本郷・金魚坂 / コーヒーまたは中国茶つき 1,500円

cafconc第98回
冬のトリオダンシュ

オーリック「三重奏曲」(全3曲)
フランセ「ディヴェルティメント」(全4曲)
ピアソラ「ブエノスアイレスの冬」
トマジ「田園のコンセール」(全5曲)

若木麻有(オーボエ)
荒木こずえ(クラリネット)
廣幡敦子(ファゴット)

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2012/12/20/6664194/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。