ネコとネコ科とネコ亜科と鬼ごっこ2012-02-15

ベルトミュー(1906-1991)の組曲「猫」(1969)は、「←5つの絵画的小品 ←4本のフルートのための ←そのうちの1本はG管の」という長い副題の通り、フルート3本+アルトフルート1本の四重奏で猫を描く5曲組です。猫というと近所の日本猫ばかり思い浮かんでしまうので、5曲のタイトルが実際にはどんな猫なのか、ちょっと調べてみました。

第1曲 ペルシャン・ブルー
長毛で丸い体に短い足、低い鼻と大きな目が特徴。静かで滅多に鳴かず、穏やかな性格だそうで、曲も優しく穏やか。「blue persian」で検索するとモフモフの子がたくさん見つかります。

第2曲 ピューマ
トラやライオンはヒョウ亜科、ピューマはネコ亜科で、それだからかピューマは怖い顔をしているくせにニャーオと鳴くのだそうです。曲は疾走している所でしょうか(PUMAのマークのように?)。

第3曲 シャム
タイ原産、短毛で体は細く長い。胴はクリーム色で、手足や顔、耳、尻尾だけ濃い茶色、青い目は光で赤くも見える。喉を鳴らして甘える性格で高い所を好む。曲もしなやかで、最後は高い所へかけ登るようです。

第4曲 ヤマネコ
ネコ科オオヤマネコ属の中型獣。ピレネー山脈等に生息し、単独で生活する。夜行性で夜でも視力が鋭い。鳴き声は小さく、めったに発しない。曲も、孤独、夜、ピレネーの冬、などを思わせるような気が...

第5曲 シャ・ペルシェ
終曲は猫の種類ではなくChatを用いた熟語?で、「Chat perché」は「物に飛び乗ればつかまらない鬼ごっこ」の事だとか。走り回る猫たちの姿が目に浮かぶようなフィナーレです。

フランス人は犬も猫も好きだけれど、文化人は特に猫を好むのだそうです。ベルトミュー家にもペルシャやシャムがいたのでしょうか。


--------------------------------------------------

今週末の演奏メニュー

2月19日(日)10時40分~ 於:本郷・金魚坂
コーヒーつき 1,500円

フルートカフェ

ドビュッシー「小組曲」
三好 真亜沙「4本のフルートのための 色彩の庭」
ベルトミュー「猫」

フルート四重奏:
浅田結希 石田彩子 川口晃 佐々木萌絵

--------------------------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルにもなっているカフェコンサートの名前は?(カタカナ5文字でお答えください。)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cafconc.asablo.jp/blog/2012/02/15/6365289/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。